コケリウム、半年経ったけどその後どーよ

こけnov4

一応育ってゐるが・・・

植物を育てられない名人の私が苔リウムを作成してからはや半年。明るい場所に置いてたまに霧を吹きかけるだけの簡単なお仕事ということもあって、育っている感はある。なんか違う色の葉(?)が伸びてきたよー(σ゚∀゚)σ!!

こけnov1↑こちら今日撮ったキミコ(もう黄味がかってないけどな)

コケリウム

↑作成当初の写真・・・ボリューム感の違いが分かるかしら

そして前回お引越ししたやつは容器が悪かったのかすぐに水分が飛んでしまい、購入時と同様にカラカラになっちゃったので水を足して様子を見ることにします。←容器変えないのかyo!
霧じゃ足りないので直接水を投入したら「シュワー」とか水を吸う音がして、私は心の中で謝りたおしました( ̄ー ̄;)

こけnov3

先生!きのこ生えてきました

実はこのキノコ、2本(代?)目である(`∀´)どや 最初のはいつの間にか淘汰されてしまった。先代より長生きしている・・・父の仇か(違
とくに害はなさそうなので共存してもらっている。しかし瓶が気に入らないのでそのうち植え替えしたいんだよな〜。ジャムの瓶だとどうしても天井が暗くなってしまい、見た目もさることながら苔様があたる光の量が減る。ぐぬぬ。

こけnov2ホソバオキナゴケとヒノキゴケと謎のキノコ

コストパフォーマンスの良い苔の栽培をぜひ!

このブログのページビュートップは苔リウムということで、よいところを改めて申し上げますと 安・近・短!
・・・値段もさることながら育て方もノー技術。霧吹きは100均のアトマイザーを利用、水も1週間くらい入れっぱなしのものを気が向いた時にかけてる。いつも目に届くPCの前などに置くと
・・・身近!(笑)まあ苔リウムにするようなタマゴケなどは購入しておりますが、自然が多いところであれば自分で採取も可能(採ってはダメな場合もあるのできちんと確認しようね!)アスファルトの隙間によく生えてるアイツは「ギンゴケ」という名前だそうです。
・・・背丈が!(苦笑)でかくならないというのは個人的に嬉しい。うちの場合、鉢植えを置くと猫が葉を食うという恐れもあるのでフタをして育てるコケリウムはとてもありがたい。やんちゃ坊主な子猫は容れ物ごと落としにかかるかもしれないので注意 ^^;

あとが記

私がコケリウムを知るきっかけとなった道草さんが、青山フラワーマーケットなどにもコケリウムを卸しているようなのでこれからコケマニアが増えるよどんどん ふふふ・・・