「苔リウム」デビューへの第一歩

こけ1

それは有楽町にあった

昨日ネットでアクアリウムの画像を見まくってウットリしていた私は、家では実現できないのでお店のを見て満足しようと考えていた。そして本日、有楽町のペンギンビレッジでかわいいお魚やきれいな水草やイソギンチャクを堪能したわけだが、その後に何気なく入った有楽町LoFtにソレがあったのだ。両手にすっぽり収まるほどのガラス瓶の中に広がる小さな森(厳密にはコケ)。しばらく食い入るように見ていたが、ガラス瓶に入った森ではなく、プラスチックシャーレに入った「コケ栽培セット」を購入した。税込1,026円という安さに惹かれ(^^;

コケリウムへの道は遠い

ガラス瓶に入ったコケの森はもうすでに立派な数種類のコケが育っていて部屋にすぐ飾ることが出来るのだが、このコケ栽培セットはコケの種を蒔く(?) 所から始めるキットなので発芽まで2〜4週間、コケが塊になるまで6〜8ヶ月かかるという・・・うおー!そうだったのか!!正直コケをナメていました。ともあれ、封を開けて栽培の準備。

こけ2プラスチック製のシャーレは直径9cm。その中に粒状の土と乾燥したコケの素が入っている。コケは根を持たず、乾燥すると休眠状態に入り水を得ると活性を取り戻す。なにそのフレキシブルな生き方!尊敬するわ。

こけ3コケの素アップ。
乾燥していても少し緑色が残っているね。

こけ4で、シャーレに土とコケを入れてコケをよくならす。

こけ5上から霧吹きでたっぷり水をかけてフタをして出来上がり。
なんかサラダみたいで美味しそう・・・

あとは待つのみ

ずーっとフタ閉めたまんまでカビがはえたりしないだろうか、虫が湧いたりしないだろうか、などなど心配事が多い(;´Д`) とりあえず名前はケーコにしよう。栽培セットのコケの種類はいくつかあるのだが、私は見た目だけで ホソバオキナゴケ を選択。半日陰を好む種類なので日当たりのあまり良くないウチでも大丈夫。初心者向けと書いてあってちょっと安心。この商品は道草というお店が販売しています。フェイスブックのページもあるので興味出た方是非に!ステキなコケリウムの写真が満載ですぞ。

あとが記

猫が食うので家の中にグリーンを置くことをずーっと諦めていたのだが、苔リウムならばフタがあったり口が小さくて猫の手も入らないから大丈夫!時間はかかりそうだけど今後楽しみ。