苔リウム作ってみた

コケリウム

育っているやつを新たに購入

先週から育てているケーコは、いっぱしの苔になるまで半年以上かかるらしいので待てなかった短気な私は同じ販売元の道草さんでテラリウム用のコケを購入してしまったのであった。数多のコケショップをネットで回ってみたが、意外にも少量のコケを売る店は少ない。造園屋さんなどでは庭にヴァーッ!!と植える(?)用の大きなものしか置いていなかったり、3種詰め合わせミニパックのような私が欲するタイプのものはたいてい SOLD OUT だったりした。あと苔玉ではなく苔テラリウムという自分のこだわりがあったので、手に入りやすい苔玉セットではダメだったのだ。

土とコケと入れ物について

苔テラリウム用Soil という専用に配合されたものが、250mlで300円(税抜)という安さだったので迷わず買い。今回大小4つのテラリウムを作成したが使用した土は3割くらいなので、とりあえず始めたい場合は1つあれば十分。
コケは3種類(タマゴケ・ホソバオキナゴケ・シッポゴケ)各700円(税抜)他にもピンセットとミクロスパーテル(耳かきっぽい棒)を買ったがこれはご家庭にあるものでよいと思う。シッポゴケがアイスコーヒーのカップに入っていてナイスアイデア。
入れ物はベルメゾンでシリカゲルドライフラワーを作るためのポットが余っていたので使用。捨てなくてホントに良かった。あとは不燃ゴミの袋に入れて捨てる気満々だったジャムの空き瓶。
コケリウム2

作ってみた感想

土を容器に入れて、霧吹きで湿らせて、コケを入れて、形を整えて完成☆ が、形を整えるのがなかなか難しい。頭の上にヅラを乗せている感が拭えない。これできちんと定着してくれるかどうか、コケは根っこも無いのでとっても不安である・・・そして容器はフタが透明な方が断然良い。光が当たりやすいメリットもあるけど、とにかく見た目が全然違う!高級感があって売り物っぽい(笑)ちなみに私はフィギュア乗せない派です。緑だけを楽しみたいのでフィギュアはいらんのです。

コケリウム3あとが記

いちばん小さいのを1コ会社に持っていく。自分のデスクにグリーンを置くのは夢(?)だったのでコケリウムに出会えて良かった。フタは閉めたままでよく、手入れも週に一度くらい霧吹きすればいいだけなのでマジおすすめ。

 

自宅ではPCの横に置くのでこのLEDで照らしたいのだ。