もっともシンプルなシャンプーの詰め替え容器

ズバリこれだ!!

写真 2014-12-27 16 58 19

いいことだらけ

これは100円均一ショップでしょうゆ&ソース入れとして売られている容器である。中に入れるシャンプーを多少選ぶが、今のところ不便は感じない。たいてい詰め替え容器といえばポンプタイプを選びがちだが、あのポンプのパーツさえ私には複雑に見えるのである。考え抜いた末にたどり着いた究極のシンプル容器がコレだ。手のひらに収まるサイズなので扱いやすく、分量もポンプより微調整がたやすい。リンス(黄色)は少しもったりしているが、逆さにして「ハッ!」と一振りで出てくる。ヘアパックくらいの粘度になるとおすすめできない。マヨネーズあたりが限界か。
シャンプーとリンスを風呂場にずっと置きたくないので、使い終わったら軽く拭いて洗面所へしまう。体は固形石鹸で洗っているのでボディソープの容器も無い。

文字を見せないことを心がけている

スーパーに行くと、すべての商品が「買ってくれ〜 買ってくれ〜」とさまざまな顔(パッケージ)で消費者に語りかけてくる。だが購入して家に持ち帰ればそんなアピールは不要だ。ということで洗濯用洗剤などはラベルをはがして使用している。これだけ見た目が違うので種類を間違えることもない。

せんざい台所の洗剤は理科の実験で見たことある水差しを使用。100均でも売られているようだがこれは400円ちょっとした。ちょうど使用して1年になるが割れることもなく、とてもオススメである。中身はキュキュットのクエン酸。市販品はボトルが不透明なのでせっかくのきれいな青が見えなくてもったいないなーと感じている。

しんく

あとが記

シンプルとはあまり関係がないが、台所スポンジのローテーションは早め。世の中には使い捨てというツワモノもいるらしい。